上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの書き込みです。

『「法則」のトリセツ』(水野俊哉 著)を読んで、新たな一つを発見しました。

それは、

自分は悲観してばかりいると。。。

たしかに、何をやっても上手くできないと思い、「どうせ自分なんか・・・」
と思い、無力感でした。
また、やること全て、判断することが怖く、失敗するといつまでも気にしており、
心の内にこもっていました。

しかし、いろんな仕事のテクニックを覚える前に、まずは、

絶対に成功するという、やる気を高める!、

ことが、全ての基礎になるのかと思いました。


そこで、、、

「ツキの最強法則」(西田文朗 著)の本を買いました。

内容と効果については、また報告します。
スポンサーサイト
「法則のトリセツ」(水野俊哉 著)を読んでいたら、
「学習性無力感」
という言葉が目につきました。

「自分はダメな人間だ」「どうせ自分なんか」と、いつも悲観主義をもっていると、
「学習性無力感」となり、ますますダメな人間になってしまうそうです。

まさに、今の自分でした。。。

では、どうやって改善するのか?、どうすれば良いのか?

本によると・・・、「ポジティブティンキング」

具体的には、以下のような事をすると。

・辛い事があっても笑う
・いつも、ツイてると思う

そうなると、、、

プラス思考でいけば、チャンスを逃さない

なるほど!、と思いました。

自分はダメだと常に思っていると、何もかも上手くいかず、
さらに負のスパイラルへ。

たぶん、いつもポジティブティンキングでいけば、
いざチャンスがまわってきた時に、実力が発揮できるのかと思いました。

仕事のテクニックも大事かと思いますが、精神面も大事だと思いました。


テーマ:どん底からの再起
ジャンル:ビジネス
TODOを管理する、「法則のトリセツ」(水野俊哉 著)にある「アイビー・リー式」をやってみました。

用意するものは、紙とペンだけです。

前日に明日やるべき事を書き、次の日はその書いた事をおこないます。
また、その日のうちに、明日やるべき事を書いておきます。

仕事が終わる前、ササッと明日やることをリストに記載します。
次の日、そのリストをみて、ササッと仕事にとりかかれました。

感想としては、

TODOを管理するだけでなく、
朝、リストを見て、「今日はこれだけの仕事をやれば帰れるんだ」と思い、
精神的に楽になった気がします。

パソコンのアプリでもできるかと思いますが、
紙とペンだけでできる手軽さが良いかと思います。

単純な方法で手軽さのわりには、TODO管理としては、やりやすい、と思いました。

また続けていきたいと考えます。


同僚が会社をやめると、その人の仕事を分担して任せられます。

そうなると、関わるプロジェクトが多くなり、ミーティングも多くなり、
関連するメンバーも多くなり、よって仕事も多くなります。

やるべき仕事は覚えているはずだったのですが、あまりにも多いと忘れます。また、忘れた事にも気付かないため、思い出そうともしません。

そこで、「法則のトリセツ」(水野俊哉 著)から、「アイビー・リー式」が紹介されていました。

やり方は、明日やるべき事を書き、次の日はその書いた事をおこないます。
また、その日のうちに、明日やるべき事を書いておくという、繰り返しです。

やり方としては簡単であり、紙と鉛筆さえあればできます。

早速、明日からやってみます!

自分の会社も含め、様々な会社で成果主義
求められ、正直言って大変ですが、反対ではありません。

しかし、成果を達成できる能力がない人は沢山おり、
自分はその一人だと思います。


最近の仕事は、自分がこなせる量を超え、
また正しい決断を次々と迫られます。

企画職のためアイディアを考える必要がありますが、
日々の雑務に追われ、企画案を思いつきません。

また、あまり物事を深く考えいないため、自分の意見がなかったり、
あっても、自分の意見に自信がないため言えません。
さらに、決断力がないため、様々な人に意見を聞きますが、
違う意見の人の間に挟まれ、結局は決断ができません。

自分自身に自信がなく、この状況から逃げたいと考えてます。

もちろん、こんな状態でよくないとわかっておりますが、、、
このままでは何も変わりません。

だから、自分から何かしなければならないんです。



テーマ:ビジネスブログ
ジャンル:ビジネス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。